ユーティリティメニュー

フォントサイズメニュー


現在のページ

ホーム > JAおきなわについて > JAってなに?

JAってなに?

JAとは

JAマーク

Japan Agricultural Co-operatives(日本の農業協同組合)の略で、新しい農業協同組合(農協)のイメージする愛称として1992年4月から使用しています。

JA(農協=農業協同組合)は人々が、連帯してお互いに助け合う「相互扶助」をモットーとし、農家組合員の農業経営と生活を守り、より良い農村・地域社会を築くことを目的とした協同組合です。

[JAマークの意味]:全体として、三角構造の安定感のあるデザインは、「ゆるぎない大地」「日本の国土」をイメージさせ、三角形は「自然」、Aの部分は「人間」を表しています。
さらに、Jの左端の円は「農業の豊かさ」「実り」と、協同の精神に基づく「人の和」を象徴しています。

JAの組合員とは

JAの組合員資格には、正組合員(農家)と准組合員があり、お住まいの地域のJAにてご加入いただけます。
農家でない方でも定められた手続きにより組合員資格を得て、様々な事業を利用することができます。近年は、准組合員の加入も増加しています。

組合員加入(正組合員・准組合員)お申し込みについて(沖縄県在住の方)

  1. 加入に必要な申込書類を、JA支店へ提出します。
    住民票抄本(本籍地記載なし)、運転免許証(写)、健康保険証(写)、の内いずれか1つ
  2. 出資金として、1,000円(1口)以上を払い込みます。
  3. 決裁後、JAおきなわより「出資証券」を発行致します。

※詳しくはお近くのJAおきなわ各支店まで、お気軽にお問い合わせください。