ユーティリティメニュー

フォントサイズメニュー


現在のページ

ホーム > JAおきなわの食農教育 > 食農教育のポイント

食農教育のポイント

JAおきなわでは、次の5つをポイントに食農教育を実践しています。

5つのポイント:農業体験、学校教育支援・協力、地場農産物供給、地産地消、情報提供

学校教育の場で

JAおきなわでは、地場農作物の学校給食への提供や、県内全小学校の5年生を対象に食農教育本を寄贈するなど、学校での食農教育に関する支援・協力を行っております。

また、県内全小学校へ「ちゃぐりん」を寄贈。毎年、その記事を活用した発表の場「ちゃぐりんフェスタ」を開催し、子供達が自発的に食農教育に取り組めるような環境作りに励んでいます。

地域の人々と

JAの地産地消推進店舗である、ファーマーズマーケットや各支店にて「体験農場」や「収穫体験」を実施。実際に土や農作物に触れる事で、地場農作物への理解を深めて、愛着を抱いてもらえるように努めています。

また、「親子料理教室」や小学生による「キッズ野菜料理コンテスト」を通じて、地域の食文化に関する啓発を行っています。