ユーティリティメニュー

フォントサイズメニュー


現在のページ

ホーム > JAおきなわの食農教育 > JAおきなわの食農教育とは?

JAおきなわの食農教育とは?

こどもたちの将来のために。食と農の結びつきを伝えたい。

健やかな「こころ」と「からだ」のために

食農教育は、食と農と地域と自然の関わりを重視し、農作物がいのちを育み、成長していく過程を大切にしながら食への関心・興味を高めることを目的としています。
食の大切さや食を支える農の役割、自らの暮らしと社会の営みとの関わり、地域の食文化、いのちと健康の尊さなどに対する理解を広げ、深めていきます。

食農教育の目的

JAおきなわは、食の大切さと食を支える農業の役割への消費者の理解を深め、新鮮で安心・安全な地元農産物の消費拡大を図るとともに、地域の食文化を次世代へ引き継ぎ、健全な食生活の実践を普及促進するための活動を展開します。

併せて、農業・農村の多面的な役割とJAの社会的機能への理解促進をはかり、組合員組織、関係機関と連携を強化しながら、「食」と「農」への理解と関心を高める運動に取り組むものとします。

JAおきなわの取り組み

組合員組織・関係機関と連携した食農教育を展開し、農業への理解促進とJAファンづくりに取り組みます。
また、農林中央金庫が実施する「JAバンク協調型事業※」を活用し、 青壮年部女性部、生産部会等と連携した食農教育に取り組みます。

JAバンク協調型事業

JAと農林中央金庫が連携して食農教育を中心とする教育実践活動を通じ、こどもたちの農業に対する理解を図り、農業のファン層を拡大すること、および地域の発展に貢献することを目的としています。